催眠療法は怖くありません

11月 30th, 2015

催眠療法と聞くと、本当に効くのか分からないなどの不安を口にする方がいらっしゃいます。催眠という単語がメディアで取り上げられる時にどうしてもイメージが悪いものとして喧伝されがちという側面はありますが、正しく催眠を用いている催眠療法では、心の悩みなどをより深く取り去ることが可能です。心の悩みとはなかなか表面に出てこないものですが、そうした悩みは深層心理に染み付いている場合がほとんどです。多くは認識できないコンプレックスが原因であるのですが、この療法ではそうした見えないコンプレックスを引き出して理解させることで自分を認めるというシークエンスを取るため、原因不明の心の不安の根源的な治療に繋がります。原因が分からないけれど何か心がモヤモヤする、ストレスが貯まりやすいなどの不安を抱えている方は、ぜひ一度受診してみましょう。

恐怖心やトラウマ治療には催眠療法を

過去にあった出来事のせいで現在の行動に制限がかかっているなどの心理的障壁のことを、セルフ・ハンディキャッピングと呼びます。これはかつてバカの壁として有名だったモノにも近い側面があり、できないと思っているという先入観によって心が動かなくなってしまっています。こうしたつらい状況を克服するのは、一人の力では困難ですが、催眠療法によって治療できる場合があります。そもそも催眠療法は過去にあったトラウマやコンプレックスなどをしっかりと理解させて、自分を認めてあげるというアプローチです。このアプローチは主に自己肯定感が低い人などに非常に効果が高く、自らを認め、ありのままの自分で居るための手助けをしてくれる治療法です。現在は幅広く門戸が開かれているため、治療を行ってくれるクリニックはインターネットなどで検索することも可能です。人には言えない悩みなどを抱えている方は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

催眠療法で本当の自分を知る

催眠療法はトランス状態にして内面の潜在意識を呼び起こす方法です。リラックス状態に導くことで普段表面の意識には現れない意識を知ることができます。この潜在意識こそが今抱えている問題のカギとなります。そのカギをまずは知ることでその後の心のケアをすることができます。催眠療法にはいくつか種類があります。よく知られているのが退行療法という子どものころにだんだん戻っていく方法です。退行療法は前世にまでさかのぼることもあります。暗示療法はこの退行を行わない方法になります。また、現在は順行療法といって、過去ではなく未来へのさかのぼる方法も編み出されています。どの方法を取るかは事前に行うカウンセリングで決めていきます。自分にどのような潜在意識があるのか自分自身で知るだけでも、今直面している悩みを解決できることがあるので受けてみる価値ありです。

催眠や瞑想について詳しく知って頂きより幸せな人生を送って頂くためのお客様へのメッセージを是非ご覧ください。 3ヶ月間、月に一度のセミナーに参加することで、豊かな人生を送れるようになります。 あなたのより豊かな人生のために東京の地で、瞑想セミナーや、催眠療法をご提供しております。 当社の悩みとしては、お客様の様々な悩みに対応可能ということであり、数多くの実績があるということです。 催眠療法と瞑想法なら東京のラディアンスがおすすめです。

Comments are closed.